意外と稼げるキャバクラ事務・WEBデザイン!給料や仕事内容とは?

◇キャバクラ事務で稼ぐ!
キャバクラといえば「ボーイ」として働くことを考える男性も多いでしょうが、それらのお店の事務スタッフ、WEBデザインの仕事に就くと、高収入を見込めます。

WEBデザインというのは、そのキャバクラ店のホームページを製作、管理、維持をする仕事です。たとえばサイトを定期的にリニューアルするとか、新人さんの写真をアップロードしてコメントを載せるとか、そういったお仕事ですね。

多くの場合、事務作業と並行して仕事をすることになりますので、たとえば電話対応や、予約、出勤表の管理(シフト作成など)もすることができないといけません。

しかし、もしそれをこなす能力があれば、ボーイと同じかそれ以上に稼ぐことができるのです。

◇どのくらい稼げる?
キャバクラの事務スタッフの給料は、店によりまちまちですが、大体時給1500円前後です。社員になれば月給30万円前後はもらえますね。

広告代理店に勤めるときのように高い専門性や技術力、芸術性を求められることはないので、そのことを鑑みれば、社員としての給料も相当高いといえるでしょう。

もしあなたがデザインに関わるなんらかの資格を持っているのなら、そのことを考慮して給与の面で交渉に応じてもらえることもあるかもしれません。

◇メリットとデメリット
キャバクラ事務をするメリットは、お客さんと接する必要がないということです。接客が苦手な人にとっては、これほど嬉しいことはないでしょう。

そのうえ給料はそこそこ高いのですから、サイト作成等に詳しい方は応募されてはいかがでしょうか。逆にデメリットは、サイト作成のための技術、画像加工ソフトや文書加工ソフトを使いこなす技能を持っていないと、雇ってもらうことは難しいということです。

実質的には経験者しか雇ってもらえないと考えたほうがいいですね。そのことを踏まえて、応募をするかどうか決めてくださいね。